HOME ⇒ 雑記>カスタマイズ

2007年01月12日

カテゴリーのツリー化

カテゴリーのツリー化をしてみる。
seesaa は標準でツリー化の実装がされていないので、
どうしたもんかとググってみたら・・・。

なんともすばらしいブログさんに遭遇できたので、
早速試してみたところ労なく完成。

お世話になったのはコチラ。

Des notes de KOHtanさん
 −カテゴリの分類とツリー化2
 −カテゴリのツリー化(サブカテゴリ化)3


今のところはツリー化しなくちゃいけないほど記事がないんだけどねw
とにかくお世話になりました。
posted by ちゃっぴー at 20:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

特定カテゴリのリスト化

日記などは一覧表示する必要もないのですが、
後々も活用したい情報を記述した記事は、
記事のタイトルのみ一覧表示させたいと思ってカスタマイズ。

お世話になったのはコチラ。

ブログカスタマイズのブログさん
 −記事のリスト表示

シーサーブログ(seesaa blog)カスタマイズ
 −カテゴリページに記事一覧を表示する


実際に追記したもの:category_list.txt


■2007年5月25日(金)追記■
どうも、リスト化できるカテゴリの数は10件未満の模様・・・。
10件以上リスト化の指定をすると、不具合がでます。
理由は不明。
二桁になると混乱しちゃうのかなぁ?w
posted by ちゃっぴー at 17:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

パン屑リストをつける

自分がどこにいるのか分からないと困るのでw
パン屑リストをつけました。

お世話になったのはコチラ。

ブログカスタマイズさん
 −トピックパス(パンくずリスト)の作成
 −トピックパス(パンくずリスト)の作成2

こちらを参考にブログタイトルの下と、
トップページ以外の記事表示欄に現在地を表示するようにしました。

実際に追記したモノ:pankuzu_list.txt
posted by ちゃっぴー at 01:20 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

右カラムを落とさないようにする

本日現在、当ブログは seesaa 公式テンプレ:シンプルホワイトをベースにしています。

が。
このテンプレ。
デフォルトの状態でウィンドウを小さくすると右カラムが落ちる。
当然うちのも落ちるわけでw

どうにかならないもんかとあちこち徘徊。
以下で紹介するブログさんの対処法が一番適切のようだったので、
かなり参考にして CSS の修正をしました。

お世話になったのはコチラ。

んー?( ̄ー ̄;)さん
 −右サイドバーが落ちるのを防ぎ、左右固定&中央可変の3カラムにする

float はマイナーバグも含めていろいろやっかいらしいので、
ちゃんと分かるまで…と、この方法をとったけど、
ひとつだけ欠点が。

両サイドの指定に position: absolute
と指定すると content よりも両サイドが長い場合に、
サイドがフッタに食い込む…orz
とりあえずはフッタに何も置かずに対処したけど、
なんかダサイ方法www

でも、ま、下手に float 使うよりはかなりイイから、
暫くはこのままで…。
posted by ちゃっぴー at 01:45 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

月別アーカイブのリスト化

先日カテゴリーのツリー化をした当ブログ。
今日は月別アーカイブ(過去ログ)のツリー化をしてみた。

書き方はほとんど同じ。
ページ指定を archives にして、
タイトル部分を当該月(<% archives.createstamp | date_format("%Y年%m月") %>)表示にしただけ。

class はカテゴリーで指定した clist を流用。
それに伴い class 名は変更しました。
clist → artlist (カテゴリツリー化で使用する class 名の指定も当然変更)

実際に追記したモノ:marchive_list.txt

でもこの指定だと、
カレンダーのリンクから飛ぶページもリスト化されちゃうんだよねぇ…。
不本意だ。

しかも、当然ながらタイトルは年月しか表示しないしね。
せめてこれが年月日なら…。
でも archive って年月しか持たないくさいし…。
ハテ、どうしたもんか。

まぁ、今日はもう遅いしおしまい。
posted by ちゃっぴー at 00:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

背景画像追加

ほんとはこんなしょーもないことよりも、
抜本的?な改造に手をつけるべきなんですがw
連日いじってたら流石に疲れたので、
現実逃避も兼ねての見た目変更…。

配色が気に入ってなかったので、
黒×グレーに変更。
ついでにタイトル部分に画像を追加。

画像はコチラからお借りしました。

妙の宴 IRISさん


毎回思うのだけど、
ワタシは色彩感覚が乏しい…orz
今回は無難にモノクロでw

セーフカラー内でできる、
シンプルだけどステキ!な配色ってどうすりゃいいんだ?
毎回毎回悩むけど、思い通りにいったためしがないw
研究しますが、しばらくはクロで…。

ってか。
やるべきことをやれ…だなw
posted by ちゃっぴー at 01:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてのカテゴリをリスト化

特定カテゴリのリスト化を先日しましたが、
やはりすべてのカテゴリをリスト化しようと思って html 変更。

実際に追記したモノ:allcategories_list.txt


とはいえ。
ほんとは一部リスト化したくないカテゴリもあり…。
(リンクとか神楽坂の紹介店舗一覧とか。)

それらはリスト化しないように頑張ったんですが報われずorz
上手い条件分岐が書けません…。
おいおい対策を講じます。


■2007年5月25日(金)追記■
結局。
リスト化可能カテゴリ数は10件未満らしいと判明。
じゃ、リスト化しないほうの指定をすりゃいいじゃん、
とか思ったんだけど実装できませんでしたorz

仕方がないので。
カテゴリ数を減らして対応。
ダサイ・・・。
posted by ちゃっぴー at 17:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

検索結果ページを記事ページと同様に表示する

seesaa のデフォルトでは、検索結果表示画面が改行なしのサマリーになります。
これは、文字のみの記事の場合は別段気にならないと思いますが、
記事中に画像等が入ると非常に見づらいです。

そこで、検索結果画面も他の記事ページと同様に表示するようにしました。

お世話になったのはコチラ。

ブログカスタマイズのブログさん
 −検索結果ページの改行

こちらで紹介されているものだと記事全文を表示し、
表示まで時間がかかる場合があるので、
追記部分は表示しないように変更しました。
(article.entire_body → article.first_body)

posted by ちゃっぴー at 00:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「続きを読む」を同一ページに表示する

記事の文字数が多い場合などに利用する「追記」の機能。
これをりようすると「続きを読む」というリンクが表示されて、
別ページに記事全文を表示するようになっています。

これ、結構便利なんですが問題がふたつ。
1.別ページに飛ぶので表示まで時間がかかること
2.最新記事 RSS に追記部分が吐き出されない

2の方は、ひとまず全文をアップしてから、
改めて追記に書き出すという方法で暫くはフォローすることにして(ダサいけどorz
まずは1の方の対処をしてみました。

続きを読む
posted by ちゃっぴー at 01:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。